ホラー映画に出てくるゾンビの様なほうれい線・・・

たるみがきになりだしてきてほうれい線も気になりだした

 

30才を超えたあたりからたるみが気になるようになり、年々法令線が深くなっていきました。この頃から他の人のほうれい線が気になるようになり同じ年代の人やそれ以上の人が事務作業中や乗り物内で下を向いている時などその人のほうれい線がきになりよくみるようになりました。中には正面を向いているととても奇麗で魅力的な女性に移るのにうつむくとほうれい線が目立ちまるでゾンビのようで恐怖心すら感じる人も何人もおり、自分もゾンビの様なのではないかと不安になり自分自身もうつむいている時の姿を写真に収めほうれい線を深さを確認するようになりました。特に、仕事の帰りなど電車の窓越しに移る自分の姿はホラー映画に出てくるような姿でかなりショックでした。
その後、顔や目もとのたるみに効果があるクリームを頻繁に使うようになりました。力はあまり入れないようにしでも肌の奥まで浸透するように丁寧に塗りこむことを心掛けました。しかし、どの商品を使っても効果が現れませんでした。もしかしたら効果はそれなりにあるのかもしれませんが、クリームの効果よりも引力に負けどんどん筋力が衰えていくスピードの方がはるかに早く、クリームの効果がそれには全く追いつかない状態でした。
クリームの後に試したのが、マッサージです。リンパ腺マッサージを中心に顔のマッサージをするようになりました。マッサージはかなり効果があったと実感しています。とくにリンパマッサージはほうれい線だけではなく顔のくすみがとれ顔色が明るくなる効果もありました。しかし、マッサージを行っても効果が持続するのは数時間だけですぐに深いほうれい線が戻ってきてしまいました。さらに、意外とマッサージを毎日続けることが難しく、常にモチベーションを高く持っていないと持続がとても難しいと感じました。
最後に出会ったのが筋トレです。クリームなどで効果を期待するより、衰えた筋力を鍛えることが根本から解決されるのではないかと思ったからです。顔の筋トレは何種類もあり簡単なものから少しハードなものまでありその日の気分や顔の状態を見て好きな筋トレを選んでいます。筋トレはテレビを見ながら行うこともできるし、仕事中お手洗いに行った時やスマホをいじっている時などいつでも気が向いたら行うことができるので今まででいちばん長続きしているほうれい線予防方法です。さらに、最初は筋肉が痛いと感じていたトレーニングも日増しに痛みを感じなくなり、効果を実感できるのも嬉しいです。現在は、時々マッサージと筋トレを並行して行っています。